調査ファイル

探偵の調査ファイルには永年に亘る『依頼人の想い』 が込められている。

調査を完了し、そして依頼人への報告を済ませると、調査報告書や調査対象者のデータは復元不可能な処理を施し廃棄される。

依頼人の葛藤や願い、そして計り知れない憎悪も含まれた想い・・・

その想いは、依頼人と探偵の記憶だけに残り続けるのである。

夫の思惑

夫から妻の不倫調査を相談された場合、離婚を目的としていないことも少なくない。

妻が不倫に至った理由には様々な経緯や理由が挙げられるが、些細な一言がキッカケになることもある。

 

「お前も不倫でもしてみれば!」

もちろん、夫は本気で考えて言った訳ではなかったが、夫の不倫を疑う妻が詰め寄り、夜通し続いた口論の末…

つい思ってもいない言葉を滑らせた。

 

夫は口にしてしまって後悔しながら妻の表情を覗っていると、その返事は以外にもあっさりしていた。

 

「分かった、そうする・・・。」

 
そして半年後・・・、夫は探偵事務所を訪れた。

 

真実とは・・・

単に事実が知りたいだけ・・・

そんな想いから調査が依頼されることも多い。

 

外面が良い夫が家に帰ると、妻に対しては労いの言葉も無く、嘘と言い訳の繰り返し。

そんな夫に対して褒め言葉など浮かぶどころでは無いが、夫は他人から褒められ、持ち上げられて現在の地位と財を成してきたことを妻も承知している。

 

妻として…

何とか夫の良い所を見つけて褒め言葉の一つでも言ってあげられれば、仮面夫婦であっても夫の威厳は保たれるのであろうが・・・

何も見つからない。

 

そんな妻にもいらだつ夫は、口実を作っては休みの日にはどこかへ出かけていく。